肘の痛みや痺れ  MCR(マイクロカレント療法)

ご相談はこちら

[診療時間] 午前 8:30 – 12:00 / 午後 16:00 – 20:00
[定休日] ※店舗により異なるのでご確認ください。

ブログ

肘の痛みや痺れ  MCR(マイクロカレント療法)

2021/12/12

こんばんは!院長の長坂ですsmiley

今日は僕が過去に経験した症状の中で

肘の痛みや痺れの一部を紹介します。

 

肘の内側から小指や薬指にかけて

広範囲の痺れや痛みが出ている方に多いのが

肘部管症候群です。

 

肘の内側を通る尺骨神経が、何らかの原因で

圧迫されることで発生します。

 

この神経が圧迫を受け続けると

小指側の筋肉が痩せていき、手の形が鷲の脚に

似た変形を起こすので、鷲手変形とも呼ばれ

細かい物を掴むといった動作が困難になり

日常生活にも支障が現れ、最悪

手術しなければならない場合も出てきます。

 

このような肘部管症候群ですが、原因は様々で

 

小さい頃の骨折であったり

 

肘に負荷のかかるスポーツでのケガであったり

 

加齢に伴う関節の変形などが原因となります。

 

当院の施術では

神経圧迫の原因である筋肉の硬さや緊張を和らげることが可能で、また、筋肉のみ、神経のみといったように別々にアプローチをかけることも出来ます。

またMCR(マイクロカレント療法)で電流を

流す事でより治療効果を高めることができ

痺れや痛みの改善を促進します。

 

そのほかの痺れや痛みにも対応出来るので

お困りなら当院へご相談ください。